公演情報詳細

音楽劇「君よ 生きて」~先人たちが繋いだ命のバトン~

  • 2017/2/22(水)〜
  • 2017/2/26(日)

概要

kimiyoikite
劇場先行予約
12月3日(土)10:00~12月9日(金)18:00
<先着先行>
事前に会員登録が必要です。

一般発売
2016年12月10日(土)

チケット予約・購入

チケット料金

(全席指定・税込)

●kiss席*(一階一列目センターブロック12席限定)

  *君よ生きてスペシャルサポーターの略

●ステージシート(ステージ上12席限定)

 :15,000円

 (特典付…サイン入りパンフレット、リハーサル見学会+出演者と記念撮影会、稽古見学付)

 ★リハーサル見学会…毎公演、開演1時間30分前から行います。

   2/23(木)18:45公演、2/25(土)18:00公演は、リハーサル見学会は行いません。

 ★稽古見学:稽古場解放DAYに1回見学できます。

   日程:1/21(土)、22(日) 13時/15時/17時 各回1時間

 

●S席:7,500円

●A席:5,000円

●学生A席:3,000円対象(小中高生・大学・大学院・専門学校、入場時に学生証提示)

 

※ 未就学児入場はお断りさせていただきます。

※ 車いすエリアでのご観劇希望の方は、A席チケットをお買い求めください。

 

※銀河劇場チケットセンターでは、S席のみのお取扱いとなります。

お問い合わせ先

サンライズプロモーション東京

0570-00-3337

終戦直後にソ連によって行われた日本人の「シベリア抑留」と抑留地からの帰国である「引揚」を物語の主軸に、

台詞・歌・音楽・ダンスを交えて贈るオリジナル音楽劇。

 

現代と終戦直後の強制労働地(シベリア)を巧みに交錯させながら、

「生と命」をめぐる先人たちの苦悩、現代人の葛藤と成長、

そして命のありがたさを描いた感動作である。

 

脚本や演出などの舞台制作にあたっては、

「引揚」の舞台のひとつである京都府舞鶴市の全面協力のもと、

2015年10月にユネスコ世界記憶遺産に登録された「引揚記念館」所蔵資料の閲覧や

生き証人である帰還者へのヒアリングを行い、史実考証と多くのインスピレーションを得ている。


◆物語

 夜の舞鶴港。小樽から到着したフェリー。

 人生に不安を抱え、あてのない旅をするトモキは亡くなったはずの曾祖父、善吉と出逢い、時空を超えた旅に誘われる。

 たどり着いたのは第二次大戦後。

 シベリアの収容所でトモキはなんと「善吉」として生きることになり…

キャスト・スタッフ

<出演>
 大川善吉: 小西のりゆき・窪隆司
 大川トモキ:萬立雄一・望月龍平
 大川朝子: 伊東えり・出雲綾
 日高邦夫: 武藤寛・溝渕俊介
 山本清治: 青木結矢・冨田浩児
 相原敏郎: 麻田キョウヤ・天野翔太
 小山チズ: 野田久美子・熊谷彩春
 アリョーナ: 柴田桃子・塩月綾香
 バイトちゃん: 守永真彩
 アンサンブル:泉佳奈、氏家きらら、音羽美可子、齋藤信吾、じぇにふぁ~、
        仲村桃香、平川はる香、水田千聖、美友、渡辺桃子(50音順)
 
【ミュージシャン】
 Guitar,Vo:ユウサミイ
 Piano:小澤時史、久田菜美
 Violin:馬江尚子・赤星鮎美
 
kimiyoikite_cast
 
【アンサンブルキャスト】
  A:渡辺桃子、齋藤信吾、音羽美可子、美友、泉佳奈
  B:氏家きらら、仲村桃香、堀田久代、平川はるか、水田千聖
※バイトちゃん”未定”箇所は上記アンサンブルの中から決定!!
 
<スタッフ>
 演出・脚色:望月龍平
 脚本:まき りか
 音楽監督:ユウサミイ
 振付:柴田桃子
 
 主催:株式会社蒼龍舎 龍平カンパニー
 資料提供・協力:舞鶴市・舞鶴引揚記念館

公演日程

 2017年 2月
2223242526
 
18:45
13:30
18:45
 
18:45
13:00
18:00
13:00

このページの上に戻る